◎購入の流れ

1.購入条件の検討

まずは希望する地域、広さ、戸建て・マンション・土地の別、時期などを検討しましょう。

 

2.予算の決定

大まかな相場を調べ、預貯金の額や住宅ローンの借入可能額を確認し、予算の目安を立てましょう。

(当社では住宅ローン取り扱い機関のご紹介も行っておりますので、そちらもぜひご相談ください) 

 

3.物件探し

インターネットや新聞・折り込みチラシなどの広告、不動産会社からの資料などを集め、希望条件・予算に合う物件を探します。

 

 

4.内覧・見学

気になる物件があれば、実際に現地へ行き、見てみます。

その中から購入する物件を決めましたら、改めて、周辺環境・設備、購入条件を確認しましょう。

 

 

5.資金計画の具体化

物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額なども試算します。

4.内覧・見学と並行して進めるのがオススメです。

 

6.購入申し込み

不動産会社を通し、売主さまへ購入の意思表示をして頂きます。

また、並行して、金融機関による事前審査を受けましょう。

 

7.重要事項の説明

不動産会社の宅地建物取引主任者から、物件に関する説明を受けます。

疑問や不明な点などがあれば、納得するまでしっかり確かめましょう。

 

8.売買契約

売主さまと売買契約を締結します。重要事項説明同様に、内容はしっかり確認しましょう。
この時、物件価格の1~2割の手付金を支払います。

(手付金は、引き渡し時に物件代金に充当されます)

 

9.住宅ローンの本契約

不動産の売買契約書などの書類を用意し、住宅ローンの正式な契約を締結することになります。

 

10.引き渡し

融資が実行され、手付金を除いた残代金を支払います。

同時に、売主さまから物件が引き渡され、所有権移転登記も行います。

手続きが済めば、引っ越し入居可能となります。

 

 

ホームへ。