住宅・土地統計調査


「統計」って好きです。

特に興味のないものでも、それに関する「統計」とか出てると、なんとなく見てみたりします。


余談でした(^^;)


総務省から「平成25年住宅・土地統計調査」というのが出ています。


これによると、今の日本はこんな感じです。


1、総住宅数は6063万戸と,5年前に比べ,305万戸(5.3%)増加

2、空き家数は820万戸と,5年前に比べ,63万戸(8.3%)増加

3、空き家率(総住宅数に占める割合)は,13.5%と0.4ポイント上昇し,過去最高


また、総務省の別の調査によると、2008年以降は人口も減り続けているとのことです。


この商売に携わる者として、空き家は見過ごせない問題ですが、気になるのは総住宅数。


 「増えすぎじゃないか?」という素朴な疑問。


もちろん、空き家の所有者が壊したり売ったりしない限りは、更地に建つことになるわけですが、

それにしても増えすぎな印象です。


今後、数年のうちに、このペースは必ず落ちると思います。

国や自治体に「空き家」対策に本腰を入れる兆しがあることと、新築離れが考えられることが要因です。


それはつまり、【中古住宅市場の活性化】にも繋がるんじゃないかと期待してます。


空き家を空き家ではなくする方法は、「壊す」か「住む」かしかないわけですし、空き家を所有している方は、自ら住むということもないでしょうし。


数年のうちに、「売りたい」方が増える!!(といーなって思ってます)


まぁ、他の可能性も考えないわけではないですが~。


未来予想図の一つとして、ご覧になった方の参考にもなれば幸いです。