ボケナス収穫


まずは写真をご覧ください。


先日より店舗の陰で栽培していたナスが大きくなり、本日収穫しました!


ところでこの2つのナス。


色つやに大きな違いがあります。


左側に比べ、右側は随分輝いています。


実は左のナスも何日か前までは右のナス同様、光沢を放っていました。


思えば、そのとき収穫すべきだったんですね。


「もう少し大きくしよう」という欲でこの結果ですよ・・・。


ちなみにその頃は、右のナスは今の半分くらいの大きさでした。

みるみる育ち、先輩に追い付いてしまいましたね!


原因がどこにあるのか気になって調べてみたら、思わぬところに目が留まりました。


「外皮に色つやのあせたナス」を・・・・・・



   ボケナス、と言うそうです!!!



悪口の語源でしたよ(^^;)


どうやらナスというのは「環境が良いところでは実をつけない」習性があるようです。


必死にならなくても生きていけるから怠ける、非常に人間臭い野菜ですね。


 一度ついた実も、順調にすくすく育ってくれるとは限らず、

    気が付けば後輩の輝きに隠れる存在になり果てる―――


なんだか、ナスを通して生き方を考えさせられますね。


環境に甘えず、強く自生していく植物でありたいと思います!!!


本日のブログ担当、ガラケーでした!