儀式

 先日ブログでご紹介した、儀式について。

 

 個人の宗教観などにもよりますが、この業界は比較的日取りや方角に左右されます。

 

 契約や決済は「大安」を好む方が多いですし、自分にとってだったりその年のだったりの

 

 吉方で物件を探す方も多いです。

 

 水に流れないように、という意味で水曜定休にしている住宅関連会社も多く、すっかり

 

 根付いていますね。

 

【不動産を買う・家を建てる】どちらも、ほとんどの方にとっては一生に一度か二度。

 

 決済が恙なく終了した際には「おめでとうございます」のお声を掛けます。

 

 何度、決済に臨んでも、清々しい気持ちになります。

 

 一方で、不動産を手放す場合、これまでにお世話になった建物・土地に対して

 

 お清めの儀式をすることがあります。

 

 先日、とある解体現場にて井戸解体、建物解体のお祓いを行いました。

 

 特に、井戸は水辺ですから、そのまま塞ぐということはしません。

 (昨今では、残っている井戸も電気のポンプ式がほとんどで、水脈が見えたりはしないのですが)

 

 厄祓いと一緒です。祓ってもらえば何となく安心ですが、私は必須だと思っております。

 

 神主さんをお連れして、祝詞をあげてもらい、塩や酒でお清めをする。

 

 自分の埃も祓ってもらえているような気にもなります。

 

 本来であれば、直会(なおらい)をして、お下げした食べ物を振る舞うところまでが

 

 儀式となりますが、そこは簡略。

 

 お引渡しをするこちらとしても、お墨付きをもらえた様な気になり、

 

 更に身が引き締まる思いです。

 

 古いものに感謝をしつつ、次なるご縁を大事にする。

 

 八百万の神の国、こうして生きてきたんだなと実感する出来事でした。

 

 神主さん曰く、その物件の井戸の位置は正解の位置だったとのこと。

 

 こちらも、お墨付きでした。