名言@さんま

 

人間生まれてきたときは裸。死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか

 

前回に引き続いてのこのシリーズも、今日でおしまいにします。

次回以降は、今進行中のリノベーションとか、不動産屋っぽいことを綴ります。

 

 

大好きなんですよね、明石家さんまさん。

調べてみるとその半生はなかなか壮絶なものがありますが、笑顔にそれを感じさせないですね。

 

この言葉も、ネガティブとかプレッシャーとかストレスとか、そういったものを取り去ってくれます。

 

 

 

色々考え込んだりすると、良くない方向にばっかり想像が巡ったりしますけどね、 

 

シンプルに割り切らせてくれます。

 

 

 

死ぬ時にパンツははいてるでしょ!

さすがに!

 

 

 

ってことはもう、この人生に負けはなくて、積み重ねてきたものがゼロにもならないわけですよ。

パンツはいてりゃプラスです。

 

何かに踏み出せない時に自分を奮い立たせる言葉でもありますね。

自分は何にでもチャレンジできる気がしてきます!

 

本日のブログ担当、ガラケーでした。